Android開発者としてアプリをリリースするまで/クローズドテストの要件追加

こんにちわ。昨年(23年末)に開発者登録し、アプリのリリースを始めたzm softです。開発者向けのアプリもリリースを予定していますので、よければご確認ください。

Googleポリシーの変更

リリースまでの手順としては中盤以降の作業ですが、多くの開発者に高いハードルとなるものであるため、最初に触れておきます。こちらのポリシー変更で2023年11月13日以降に開発者登録されたアカウントでは、20名以上でのクローズドテストがアプリ公開が必須となりました。私がアプリ開発を決めたのが12月中頃で簡単なアプリの登録をしようとしてみたのが12月末でした。そのとき、このポリシー変更を初めて知り落胆しました。元々、知人友人が少ない私には難しい要件です。

テスターをどう集めたか

結局、身近な人でなんとかなるものではなかったのでSNSでなんとかしました。といっても、X(旧Twitter)やInstagramではなく、以下のサービスに新規登録して他の開発者と互いにテストをしあうことでテストをクリアしました。

いずれも英語での連絡が基本となります。それぞれ、PL cording(Youtubeリンクです。私は概要欄から参加しました)、r/AndroidCloseTestingといったチャンネルでやりとりをしました。いずれも基本は以下のどちらか、もしくはその両方のアプローチを取ることになります。

  • 自分でスレッドを立ててテスターを募集する
  • テスターを募集している開発者に連絡する

Redditについては少し注意が必要です。元々サービスを利用しているユーザーは問題ないのかもしれませんが、新規ユーザーの場合はbanされやすいようです。最初の利用の仕方によっては、書き込みができなくなる恐れがあります。私は、テスターを募集している開発者に個別にDMで連絡していたのですが、すぐにDMが送れなくなりました。その後、自分でもスレッドを立ててテスターを募集しようとしましたが、書き込みが拒絶されてしまいました。DMを制限されている開発者も多いようなので極力スレッド内でやりとりした方がよいでしょう。

テスター登録の方法

未公開のアプリは、当然他のユーザーからみることができません。そのため、PlayConsole上でテスターとなるユーザーを登録する必要があります。このとき、登録方法に以下の2種類があるのですが私はGoogle Groupsをおすすめします。

  • メーリングリスト
  • Google Groups

メーリングリストでの登録

メーリングリストの場合、以下の手順でテスターのアドレスをあなた自身で登録をする必要があります。上記画像のEmail lists を選択して出てくるリストの[->]より登録が可能です。

登録自体は難しいものではないのですが、必要なテスターは少なくとも20名です。他の開発者と個別に連絡を取って、それぞれのアドレスを登録しようと思うとそれだけで面倒です。やりとりが増えると誰を登録したのか分からなくなり、登録済みのアドレスを再入力することもしばしば起こりました。登録に時間がかかれば、テスターが参加を諦めてしまうことも考えられます。テスター自身が自主的にテストに参加することができないことがメーリングリストの欠点であるということです。

Google Groupsでの登録

こちらは設定次第ですが、テスター自身が自らグループに参加することができるため、あなたが個別に対応することなく、テスター登録を完了できます。

新規グループを作る場合は、[+New conversation]にてグループを作成できます。[Group Settins]->[General]から誰でも参加が可能な設定としてください。

テスター募集の具体例

上記を踏まえて、それぞれの方法でテスターを募集した際の具体例を記載します。メーリングリストの方は相手のメールを登録する必要があるのでGoogle Formを作成した上で問い合わせしてみていました。DMをもらって返信する等でもよいですが、いずれもメールの登録作業自体が面倒であることには変わりません。

メーリングリストの場合

Hi, I want to release my first app. Please help me.
Check the link for details. 

Google Form: 
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfBxg33wHwcHKnH4KKF5d8Go9S-IjspxP2uz0anh_7jolW7mw/viewform?usp=sf_link

Google Groupsの場合

I'm creating an app for developers. 
Please join the group and test it. 

https://groups.google.com/g/zmsoftdevelop

https://play.google.com/apps/testing/com.andro.zm.tools.androidtesterspayforward

=ommited=

テスターの地域設定

実際に他の開発者とやりとりしているとテスター登録したにも関わらず、”アプリにアクセスできない” 言われたり、あるいはあなた自身がテスターとしてアプリにアクセスできない場合があります。そのほとんどが地域設定に依るものだと思われます。実際にテスターを集めてみると、アメリカ、カナダ、インド、日本 等、様々な地域の方がいますが、連絡先を交換してもどの地域の方かは分からないままだったりします。もし、あなたが特定の地域向けのアプリを開発していたとしても、テスターの地域はできる限り制限せず、広くテストができるようにするのがよいでしょう。具体的には、以下の設定で対象地域を広く設定してください。私の場合、特別な理由がない限り全地域を設定するようにしました。

有料アプリの登録

ここまででクローズドテストの要件変更の大変さをお伝えしましたが、有料アプリの場合はさらにハードルが高くなります。アプリの有料/無料は後から変更することができず、尚且つクローズドテストでのダウンロードにも購入が必要になるためです。このため、私はできるだけテスターに参加してもらえるよう、テスト期間中は設定できる限りで最も安い値段をつけるようにしました。地域別の設定が面倒なため、評価用価格のテンプレートを作成しておくとよいでしょう。一時的にセール設定で無料とするなども考えましたが短期間にテスターを集められるとは思えなかったので、そこまでは行いませんでした。

価格のテンプレート設定の仕方は以下です。
[Monetize]-[Products]-[App pricing]の[Change pricing template]より設定ができます。全地域の最低価格を設定しようと思うと面倒ですが、ある程度安い金額で一括して設定をした上で、エラーとなる地域分だけ修正するといった形でも一度作っておくと他のアプリで必要になった場合に対応が楽になると思います。

もっとよいやり方があれば、是非ともコメントください。

最後に

本日は、クローズドテストの大変さとその乗り越え方を共有させていただきました。少しでも新規の開発者のこういった苦労が減るよう、開発者向けのアプリのリリースを進めていますので、リリースがされましたら、是非ともご利用ください。

「Android開発者としてアプリをリリースするまで/クローズドテストの要件追加」への4件のフィードバック

    1. Sorry for my late reply. I plan to add content from time to time, but I don’t have much time so I haven’t been able to update it. I don’t know if I can meet your request, but I would appreciate it if you could leave a comment about what you would like me to write about. I will use it as a reference when writing articles.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール